メールマガジンバックナンバー

 ※内容は発信当時のものですので、団体名・リンク先等が現在と異なっている場合がありますのでご注意ください。

甲賀市工業会メールマガジン
                       2015年5月20日発行VOL80


        ●○●  ポ ン 蔵 通 信  ●○●


      甲賀市工業会ウェブサイト http://www.koka-ia.jp/

    本メールは甲賀市工業会に会員登録いただいている
    皆様に最新の情報とお知らせをお届けするメールマガジンです。

==============★ 目 次 ★==============
○ご挨拶
○新着情報       :『びわ湖環境ビジネスメッセ2015』出展ご案内
             『チャリティーゴルフコンペ』開催のご案内
○ビジネス情報     :「新価値創造展2015in Kanzai」等のご案内
○峠の茶屋
○各委員会からのお知らせ&お願い :委員会開催のお知らせ
○会員企業からのお知らせ
○事務局からのお知らせ&お願い
○ポン蔵の独り言
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緑に包まれた清々しい季節を迎え、心が弾む今日この頃です。
新緑に太陽の光がキラキラ反射して、気持ちまで明るくしてくれますね。
ゴールデンウィーク明け、元気満タン!張り切っていきましょう〜。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新着情報(What's New)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆『びわ湖環境ビジネスメッセ2015』出展のご案内

ビジネス交流委員会では、商圏拡大に向けた得意先開拓を目的に、『びわ湖環
境ビジネスメッセ2015』への出展を計画しており、単独での出展を見合わせて
おられる会員企業に展示スペースを貸与、費用負担を軽減することで、出展の
機会を提供いたします。企業のビジネスチャンスの拡大、また、多業種に亘る
会員を有する当工業会のPRの場にいたします。
【日 程】 2015年10月21日(水)〜23日(金)
【会 場】 滋賀県立長浜ドーム(長浜市)
      詳細については、主催者ホームページをご覧ください。
      http://www.biwako-messe.com/
【甲賀市工業会出展内容】
 1)展示ゾーン:エコプロダクツ
 2)小間数  :6小間(1小間:9平方メートル)
   工業会事務局     1小間  甲賀市工業会PR
   出展希望の会員企業  5小間  小間の単独使用又は合同使用
【締 切】 5月22日(金)
 ※出展費用・申込方法については、各会員企業担当者へ案内済みです。

◆組織運営委員会事業『チャリティーゴルフコンペ』開催のお知らせ

会員相互の親睦を目的にゴルフコンペを開催致します。ひとときお仕事を離れ
、緑の野に遊び、心身ともにリフレッシュしていただければ幸いです。皆様、
奮ってご参加ください。
なお、チャリティー代は、社会福祉を目的とする事業の一助となるよう共同募
金寄付金として使用させて頂きます。
【日 程】 2015年6月27日(土)
      集  合 8:30
      スタート 9:00(アウト、イン)
【会 場】 名神竜王カントリー倶楽部(甲賀市水口町春日1616)
【定 員】 24名(6組) 先着順
【参加費用】15,000円 (キャディー付)
      ※昼食及び軽食パーティー、チャリティー代(500円)を含む。
【ルール】 ダブルぺリア方式  
【締 切】 6月12日(金)
 ※各会員企業担当者へはメールにて案内済みです。


◆「平成27年度創意工夫功労者表彰」においてトヨタ紡織滋賀株式会社より
  2名が受賞されました。

平成27年度科学技術分野の文部科学大臣表彰受賞者が発表され、創意工夫功
労者表彰において、会員企業であるトヨタ紡織滋賀(株)より2名が受賞されま
したので、お知らせします。
創意工夫功労者表彰は、優れた創意工夫により職域における技術の改善向上に
貢献された方々を表彰し、広く科学技術振興の重要性を国民に周知することを
目的として昭和35年に創設されたものであり、工場等における職長以下の工員、
農林水産業従事者、医療補助者、研究所における研究補助員、技能職員および
これと同程度の方であって、優れた創意工夫によって職域における技術の改善
向上に貢献された方を対象としています。
 詳細はこちらから、
http://www.pref.shiga.lg.jp/f/shinsangyo/souikuhu/souikuhu2015_hyosho.html
 http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/27/04/1356509.htm

◆新規会員企業「トヨタL&F近畿株式会社」の紹介

甲賀市の広報誌「あいこうか」5月15日号裏表紙に、企業紹介が掲載されまし
たので、ぜひご覧ください。
 詳細はこちらから、
 http://www.koka-ia.jp/infomation/pdf/20150515_16.pdf


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビジネス情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「新価値創造展2015in Kanzai」のご案内   (中小企業基盤整備機構)

新市場・新産業の創出へ向けたグローバルニッチな技術の異分野融合や、大手
企業を含むオープンイノベーションによる新商品開発などを"新価値創造"とし
て、この動きを中小企業を中心に力強く推進すべく、これまでの「中小企業総
合展 in Kansai」が「新価値創造展2015 in Kansai」としてさらに進化します

【日 時】 2015年5月27日(水)〜5月29日(金)
      10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
【場 所】 インテックス大阪 1・2号館
      (大阪市住之江区南港北1-5-102)
【出展社数】中小・ベンチャー企業 約300社
【入場料】 無料(登録制)
 詳しくは、こちらから
 http://shinkachi.smrj.go.jp/kansai/index.html

◆「平成27年度四日市港荷主企業向け補助事業」のご案内
                         (四日市港管理組合)

【平成27年度四日市港グリーン物流促進補助制度】
 四日市港管理組合は、四日市港を利用することによってコンテナ貨物輸送か
 ら生じる環境負荷(CO2排出)の低減を図ろうとする荷主企業の取り組みを支
 援します。
対象事業
 ・最寄港利用事業(最寄港利用による陸上輸送距離の短縮)
  ・コンテナラウンドユース事業(コンテナの実入り往復利用による空コン
   テナの輸送距離の短縮)
  ・45フィートコンテナ利用事業(45フィートコンテナの利用による輸送効率
   の向上)
要 件
 いずれの事業においても、次の四つの要件を全て満たしていただく必要があ
  ります。
 ・コンテナ貨物輸送から生じるCO2排出量の削減または抑制を企図した
   取り組みであること
  ・四日市港において、直接、船舶へのコンテナ貨物の揚げ積みを行うこと
   (ただし、最寄港利用事業及びコンテナラウンドユース事業については、
外貿本船への揚げ積みが条件となります)
・四日市港の利用率向上に努めること
  ・事業実施期間終了後も取り組みを継続して行うよう努めること
事業期間
 平成27年7月1日(または、7月1日以降で事業開始する月)〜平成28年3月31日
受付期間
 ・当初募集 5月1日〜5月31日(注)
 ・随時募集 毎月10日までに申請することにより、申請月の翌月1日から
  事業を開始することができます(注)
  (注)5月中に申請することにより、7月1日から事業を開始することができ
    ます。
    6月1日から7月10日までの申請分については、8月から事業開始となり
    ます 。
 詳しくは、こちらから
 http://www.yokkaichi-port.or.jp/business2/27green/
【四日市港利用拡大支援補助金】
 補助対象事業
  四日市港において外貿コンテナ船に揚げ積みするコンテナ貨物を前年度同
  期実績および前々年度同期実績の大きい方と比較して、300TEU以上
  増量する事業
 補助額
  前年度期間実績、前々年度期間実績のうち、大きい方と比較して、300TEU
  増量で150万円
  以降は1TEUにつき5,000円を加算(補助額上限300万円)
 申請期間及び事業実施期間
  毎月10日までに申請することにより、最短で申請月の翌月1日から事業を
  開始することができます。事業実施期間の終了は翌年3月31日となります。
補助対象事業者
 日本国内に事業所を有する法人たる荷主企業等
 詳しくは、こちらから
 http://www.yokkaichi-port.or.jp/business2/27yp_extend/

◆「第1回 名古屋 機械要素技術展」出展社募集のご案内

名古屋 機械要素技術展(M-Tech名古屋)は、軸受、ベアリング、ねじ、ばね
などの機械要素や、加工技術を一堂に集めた専門技術展です。本展には、東海
地方をはじめとする中部地域の製造業の設計・開発、製造・生産技術、調達・
購買部門のユーザーが中心となって多数来場し、商談・技術相談を行う絶好の
場になります。
【会 期】 2016年4月19日(火)〜21日(木)
【場 所】 ポートメッセなごや
【主 催】 リード エグジビション ジャパン株式会社
【同時開催】第1回 名古屋 設計・製造ソリューション展
【出展対象】
 ・ 軸受、ベアリング      ・ 直動システム
 ・ 歯車、変減速機 ・ ベルト、チェーン
 ・ モータ、アクチュエータ ・ ドライバ、コントローラ
 ・ 油空圧機器 ・ 配管部品
 ・ 潤滑剤、耐摩耗材料     ・ 機構部品
 ・ 加工技術(切削,プレスなど) ・ ねじ、ばね
 ・ めっき、コーティング ・ 接合、溶接、切断技術
 ・ バリ取り技術 ・ 洗浄機、洗浄剤
 ・ 計測器、センサ       ・ 加工機、工具 など
 詳細はこちらから
 http://www.mtech-nagoya.jp/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■峠の茶屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
地球は巨大地震活動期に突入

 日本のみならず、世界各地で地震が多発している。
 地球は生きているのだから、活動しているのは当然なのだが。
 日本列島は、4枚のプレートがひしめく地球唯一の地殻変動地帯に存在。
 そのプレート上にある日本は地震大国といわれ、マグニチュード7以上の地
 震は世界中でこの90年間に900回ほど起きているが、そのうち10%もの地震
 が日本で起きているとのこと。
 日本で生きていく限り地震問題を抜きにはできない。
 巨大地震の発生が○○年○月と確定していたら、我々はどういった行動をと
 るのだろうか?
 パニックに陥る、海外に避難する、買いだめに走る、犯罪が極大化するなど
 さまざまな行動や現象が起きるだろう。
 いつ起きるかわからないから平常の生活を送ることができる。
 しかし、巨大地震の発生で頼れるのは自分自身しかいないという気持ちをも
 つことだ。
 そのためにも言い尽くされた言葉だが「怠りのない準備をする」ことしかな
 いだろう。
 いつ、どこで起こるか分からない状況では準備にも限界がある。
 まず、命が助かることを最優先に行動するしかない。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■各委員会からのお知らせ&お願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆雇用対策委員会
【日 時】 2015年5月21日(木)16:00〜17:00
【会 場】 勤労青少年ホーム(サントピア水口) 会議室

◆広報委員会
【日 時】 2015年5月25日(月)16:00〜17:00
【会 場】 水口センチュリーホテル センチュリーホール

◆組織運営委員会
【日 時】 2015年5月27日(水)16:30〜17:30
【会 場】 水口センチュリーホテル センチュリーホール

◆雇用インフラ委員会
【日 時】 2015年5月28日(木)16:00〜17:00
【会 場】 共同福祉施設(サントピア水口) 視聴覚室

◆ビジネス交流委員会
【日 時】 2015年6月8日(月)16:00〜17:00
【会 場】 勤労青少年ホーム(サントピア水口) 会議室

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会員企業からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●各社でのイベントや新製品の発表など、トピックスがありましたら、事務局
 までお知らせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■事務局からのお知らせ&お願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●宛先不明等の理由により、エラー返信されてきましたメールアドレスにつき
 ましては、登録されたメールアドレスをこちらで解除させていただく場合が
 ございますので、恐れ入れますがご了承ください。
●求人や掲載事項の追加、訂正、削除がございましたら事務局まで
 お知らせ下さい。
 http://www.koka-ia.jp/recruitment/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ポン蔵の独り言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月は1年で1番紫外線の強い季節だポン!
春になると、冬の時期の3倍にもなるとか・・・(>_<)
紫外線対策をして、目指せタヌキ界美男子No.1!!
======================================================================
<<メールマガジン配信の解除、変更並びにご意見やご要望、お問い合わせは
下記の甲賀市工業会事務局までお願いします。>>

【注意!】
※このメールには返信しないでください。
※このメールマガジンは、甲賀市工業会担当者一斉メールに登録されている
 方に送信しています。
配信希望、お問い合わせはこちら
 <http://www.koka-ia.jp/contact/mailmag.html>からお願いします。
※メールの内容が崩れて表示される場合はメールソフトの表示フォントを
 MSゴシック等の[等幅フォント]に指定してご覧ください。
※URL等リンクが改行などのためにクリックしてもページが表示されない
 場合はコピー&ペーストでブラウザに直接入力してご覧ください。
======================================================================
            
            発行元:甲賀市工業会

        〒528-8502 甲賀市水口町水口6053番地
      甲賀市役所 産業経済部 商工政策課 商工業振興係内
         TEL 0748-65-0709  FAX 0748-63-4087
             http://www.koka-ia.jp/

     本メールに掲載されている内容はいかなる形式であれ、
     許可なく転載することは禁じられています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     Copyright(c) 2008 Koka City Industrial Association.
 ※内容は発信当時のものですので、団体名・リンク先等が現在と異なっている場合がありますのでご注意ください。
前のページへ戻る

サブメニュー

お問い合せ

Copyright(c) 2012 Koka City Industrial Association.