メールマガジンバックナンバー

 ※内容は発信当時のものですので、団体名・リンク先等が現在と異なっている場合がありますのでご注意ください。

甲賀市工業会メールマガジン
                       2014年5月20日発行VOL68


        ●○●  ポ ン 蔵 通 信  ●○●

      甲賀市工業会ウェブサイト http://www.koka-ia.jp/

    本メールは甲賀市工業会に会員登録いただいている
    皆様に最新の情報とお知らせをお届けするメールマガジンです。
==============★ 目 次 ★==============
○ご挨拶
○新着情報       :ゴルフコンペ開催のお知らせ
○ビジネス情報     :「琵琶湖森林づくり県民フォーラム」等のご案内
○峠の茶屋
○各委員会からのお知らせ&お願い :組織運営委員会・他のお知らせ
○会員企業からのお知らせ
○事務局からのお知らせ&お願い
○ポン蔵の独り言
===================================
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご挨拶
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
緑鮮やかなうるわしい季節となりましたが、いかがお過ごしでしょうか。
大型連休も終わり、「さあ!仕事だ!」という方も「まだ休みたいよ〜」
という方も、ちょっと気分転換に周囲を散策してみてはいかがでしょうか。
過ごしやすい季節になりましたが、皆様、体調を崩さないようにお気をつけく
ださい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■新着情報(What's New)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆組織運営委員会事業第7回「チャリティーゴルフコンペ」開催のお知らせ

本年度も、会員相互の親睦を目的にゴルフコンペを開催致します。ひとときお
仕事を離れ、緑の野に遊び、心身ともにリフレッシュしていただければ幸いに
存じます。
なお、東日本大震災の復興の一助となるよう参加費の一部を赤十字を通じて寄
付を行いたく、趣旨をご理解いただき奮ってご参加ください。
【日 程】 2014年6月21日(土)集合8:30 スタート9:00
【会 場】 名神竜王カントリー倶楽部(甲賀市水口町春日1616)
【定 員】 20名(5組) 先着順
【費 用】 15,000円 (キャディー付)
      ※昼食及び軽食パーティー、チャリティー代(500円)を含む
【ルール】 ダブルぺリア方式  
【締 切】 6月6日(金)
 ※申込方法など詳細については、過日送付の会員宛案内をご覧ください。
※尚、第8回「チャリティーゴルフコンペ」は11月8日(土)に開催します。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ビジネス情報
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆「琵琶湖森林づくり県民フォーラム」のご案内   (滋賀県森林政策課)

滋賀県には琵琶湖があり、その周りを豊かな森林が取り囲んでいることから、
古くより健全な水の恵みを享受してきました。
豊かな水資源があるからこそ、滋賀県に工場を建設いただいた企業様も多くい
らっしゃることと思います。
しかし、今、水源となる森林に異変が生じています。
現在の水源林の保全をテーマに、滋賀県では以下のとおりフォーラムを開催い
たします。
【日 時】 2014年5月24日(土)13:00〜16:15
【場 所】 野洲文化小劇場
【内 容】
 ○基調講演「企業による水源林保全の取組〜水を守りに、森へ」
 講師 山田 健 氏
  (サントリーホールディングス(株) エコ戦略部チーフスペシャリスト)
※「全国の工場で汲み上げている地下水以上の水を森で育む」ことを目標
   とした「天然水の森」プロジェクトなどについてご講演いただきます。
 ○琵琶湖森林づくり条例改正の検討状況報告
  パネルディスカッション「水源林保全を進めるために」
 パネリスト 栗山浩一氏(京都大学教授、滋賀県森林審議会会長)
八代田千鶴氏(独)森林総合研究所関西支所主任研究員)
高橋市衛氏(長浜市伊香森林組合参事、樹木医)
山田 健氏
 ○(公財)滋賀県緑化推進会写真コンクール表彰・展示
【参加費】 無料
【定 員】 150名 ※事前申込み者優先
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.pref.shiga.lg.jp/hodo/e-shinbun/dj00/20140512.html

◆「中国ビジネスセミナー」のご案内        (日本貿易振興機構)

ジェトロの青島事務所 貿易投資アドバイザーから中国のビジネスチャンスと
リスク管理などをお伝えするとともに、滋賀県内企業の皆様がすぐにお使いす
ることができる滋賀県産業支援プラザの支援サービスをご紹介いたします。
ぜひご参加ください。
【日 時】 2014年5月28日(水)14:00〜16:30
【場 所】 コラボ滋賀21 3階 中会議室1(大津市打出浜2-1)
【プログラム】
 14:00〜14:10 開会挨拶 滋賀県産業支援プラザ
 14:10〜14:30 講演1「昨今の関西企業の海外ビジネス展開について」
        ジェトロ大阪本部ビジネス情報サービス課 北見 創
 14:30〜16:00 講演2「中国のビジネスチャンスとリスク管理」
        ジェトロ青島事務所 貿易投資アドバイザー 岩渕 茂
 16:00〜16:10 質疑応答
 16:10〜16:25 滋賀県産業支援プラザの支援サービスご紹介
        滋賀県産業支援プラザ経営・国際ビジネス支援グループ
 16:25〜16:30 質疑応答・閉会
 ※プログラムは変更となる場合がございます。予めご了承ください。
【参加費】 無料
【定 員】 40名 ※定員になり次第、申し込みを締め切ります。
【申込締切】 2014年5月23日(金)
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.jetro.go.jp/events/item/20140501724/

◆「インドにおけるビジネスチャンス」セミナー(大阪会場)のご案内
                         (日本貿易振興機構)

12億を超える人口を擁し、中間層以上の購買力拡大により巨大市場として注目
を集めるインドは、徐々に進展する市場参入障壁緩和から生まれるビジネスチ
ャンス、高度人材と豊富な労働力などを背景として、有望な投資先候補となっ
ており、その政治経済動向から目を離すことが出来ません。
駐在員ならではの生の現地情報を入手する機会となる本セミナーに、是非、ご
参加下さい。
【日 時】 2014年5月30日(金)14:00〜16:20(受付13:30〜)
【場 所】 大阪商工会議所4階 402号室(大阪市中央区本町橋2-8)
【内 容】
 1.「今、改めてインド経済を概観してみる ‐今回の総選挙を契機に‐」
   ジェトロムンバイ事務所 所長 古川 毅彦
 2.「インドにおけるビジネスチャンス -インド西部市場の魅力とは‐」
   ジェトロムンバイ事務所 貿易投資アドバイザー 石本 和夫
【参加費】 無料
【定 員】 100名(先着順)※定員になり次第、申込を締め切ります。
【申込締切】 2014年5月23日(金) 
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.jetro.go.jp/events/item/20140428194/

◆「日本経済の現状と先行き」説明会のご案内     (近畿経済産業局)

平成26年4月発表の月例経済報告によると、景気は、緩やかな回復基調が続い
ていますが、消費税率引上げに伴う駆け込み需要の反動により、このところ弱
い動きもみられます。先行きについては、当面、消費税率引上げに伴う駆け込
み需要の反動により弱さが残るものの、次第にその影響が薄れ、各種政策の効
果が発現するなかで、緩やかに回復していくことが期待されます。ただし、海
外景気の下振れが、引き続き我が国の景気を下押しするリスクとなっています

 このような中、近畿経済産業局では、「日本経済の現状と先行き」の説明会
を開催致しますので、是非この機会に多数ご参加ください。
【日 時】 2014年6月16日(月)14:00〜15:00
【場 所】 OMMビル 2階 4、5会議室(大阪市中央区大手前1−7−31)
【講 師】 経済産業省 経済産業政策局 調査課 鈴木 聡
【定 員】 80名
【参加費】 無料
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.kansai.meti.go.jp/1-7research/kouenkai/nihonkeizai2606.html


◆「しがビジネスマッチング会in大津」受注企業募集のご案内
                 (公益財団法人滋賀県産業支援プラザ)

「今までと違う業種の取引先を探している。」
「小規模のため営業活動に、なかなか時間がとれない。」
「営業に行ったが、担当者にあってもらえない。」
こんな課題を持った社長・営業担当者に、お知らせです。
このたび、県内外の発注企業様と、滋賀県内中小企業(受注企業)様との取引
促進を目的とした商談会を、大津にて開催いたします。
只今、受注側として参加いただける企業を募集しています!
新規取引先開拓や情報収集をお考えの方は、ぜひご参加ください!
【日 時】 2014年7月3日(木)13:00〜17:00
 ※滋賀銀行主催「『しがぎん』エコビジネスマッチングフェア2014」
 同時開催(10:00〜17:00)
【会 場】 琵琶湖ホテル(大津市浜町2-40)
【募集対象】 滋賀県に事業所を有し、発注企業の求める技術に適している
       中小企業
       ※参加にはあらかじめ、 (公財)滋賀県産業支援プラザへの
        登録<無料>が必要です。
【面談概要】 発注企業と受注企業による個別面談方式
 (1)予約面談(事前予約制、面談時間1社20分)※面談希望は5社まで申込可
 (2)フリー面談(名刺交換会を実施予定、開始16:25、1社5分程度)
 (注)事前に参加申込書で参加いただいた企業が対象で、個別の予約面談が
   受けられなかった受注企業に対して名刺交換程度のフリー面談を設定
   します。
 ※当日フリー面談のみへの飛込み参加はできません。
【参加募集数】 50社 (予定)
  ※予定数に達した場合お断りする事がございます。御了承下さい。
【申込締切】 2014年5月30日(金)17:00必着
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.shigaplaza.or.jp/h26_otsu/

◆「平成26年度滋賀県産業廃棄物減量化支援事業費補助事業」募集のご案内
                 (滋賀県琵琶湖環境部循環社会推進課)

滋賀県では、産業廃棄物の発生抑制や資源化に係る研究開発および施設設備の
整備を行う県内事業者等を支援するため、滋賀県産業廃棄物減量化支援事業と
して、産業廃棄物減量化技術研究開発事業および循環資源活用施設整備事業を
実施します。
○産業廃棄物減量化技術研究開発事業
1.補助対象者
  (1) 県内に事業所を置く産業廃棄物の排出事業者、処理業者または再生品
    製造業者
  (2) 構成員の2分の1以上が(1)の県内事業者で構成される法人格を有する
団体
2.補助対象事業
  (1) 産業廃棄物の発生抑制および資源化を目的とする技術の研究開発
  (2) 産業廃棄物および産業廃棄物の再生品を使用する製品の研究開発
  (3) 産業廃棄物の資源化を目的とするシステム構築の研究開発
  (産業廃棄物を原料・燃料等として利用または処理できる事業所へ効率
的に輸送するシステムまたはより効率的・低コストで資源化するシステ
ムを構築するための研究開発)
 3.一事業当たりの補助額
  補助率は補助対象経費の2分の1以内で、補助限度額は100万円以上500万円
以下とします。
○循環資源活用施設整備事業
1.補助対象者
 (1) 県内に事業所を置く産業廃棄物の排出事業者
 (2) 構成員の2分の1以上が(1)の県内事業者で構成される法人格を有する
団体

 2.補助対象事業
 次に掲げる要件を満たす施設の整備
 (1)滋賀県内において、自らの産業活動に伴い排出する産業廃棄物の発生
抑制・資源化の施設設備を整備し、活用するものであること。
 (2)産業廃棄物の発生抑制・資源化の効果が高いと認められること。
 (3)公害発生の防止のための対策が講じられるとともに、当該施設整備に
係る関係法令を遵守していること。
 (※他者が排出する産業廃棄物の資源化の施設設備は補助対象としていませ
ん。)

 3.一事業当たりの補助額
 補助率は補助対象経費の3分の1以内(中小企業の場合)または10分の1(中
小企業以外の場合)で、補助限度額は50万円以上1000万円以下とします。
【申込締切】 2014年6月30日(月)
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.pref.shiga.lg.jp/d/haikibutsu/kenkyu_hojyo/index.html

◆「平成26年度四日市港グリーン物流促進補助事業」のご案内
                         (四日市港管理組合)

四日市港管理組合は、四日市港を利用することによってコンテナ貨物輸送から
生じる環境負荷(CO2排出)の低減を図ろうとする荷主企業の取り組みを支援し
ます。
【対象事業】
(1)モーダルシフト等事業(陸上輸送から海上輸送へのモーダルシフト等)
  コンテナ貨物の国内輸送において、四日市港に寄港する船舶を用いて海上
  輸送することによって貨物輸送時に発生するCO2排出量を削減または抑
  制しようとする事業
(2)最寄港利用事業(最寄港利用による陸上輸送距離の短縮)
  国際海上輸送に供するコンテナ貨物の国内輸送において、四日市港を利用
  することによって陸上輸送距離を短縮し貨物輸送時に発生するCO2排出
  量を削減または抑制しようとする事業
(3)コンテナラウンドユース事業
  (コンテナの実入り往復利用による空コンテナの輸送距離の短縮)
  国際海上輸送に供するコンテナ貨物の国内輸送において、四日市港を利用
  する際に同一コンテナを実入り往復利用することによって陸上輸送距離を
  短縮し、貨物輸送時に発生するCO2排出量を削減または抑制しようとす
  る事業
(4)5フィートコンテナ利用事業
  (45フィートコンテナの利用による輸送効率の向上)
  海上輸送に供するコンテナ貨物の輸送において、45フィートコンテナを
  利用することによって貨物輸送時に発生するCO2排出量を削減または抑制
  しようとする事業
【要 件】
・いずれの事業においても、次の四つの要件を全て満たしていただく必要があ
 ります。
・コンテナ貨物輸送から生じるCO2排出量の削減または抑制を企図した取り組
 みであること四日市港において、直接、船舶へのコンテナ貨物の揚げ積みを
 行うこと(ただし、最寄港利用事業及びコンテナラウンドユース事業につい
 ては、外貿本船への揚げ積みが条件となります)
・四日市港の利用率向上に努めること
・事業実施期間終了後も取り組みを継続して行うよう努めること
【事業期間】
2014年7月1日(または、7月1日以降で事業開始する月)〜2015年3月31日
【受付期間】
・当初募集 5月1日〜5月31日(注1)
・随時募集 毎月10日までに申請することにより、申請月の翌月1日から事業
 を開始することができます。(注2)
 お申込み・詳細については、こちらから
 http://www.yokkaichi-port.or.jp/business2/26green/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■峠の茶屋
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
もうすぐ梅雨を迎えます。
ここ最近では、災害になるような大雨が降る事もありますし、準備をしっかり
しておかないといけませんね。
そんな事、起こらないに越した事はありませんが・・・。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■各委員会からのお知らせ&お願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆組織運営委員会
【日 時】 2014年5月21日(水)16:00〜17:00
【会 場】 勤労青少年ホーム(サントピア水口) 会議室
◆雇用対策委員会
【日 時】 2014年5月22日(木)16:00〜17:00
【会 場】 共同福祉施設(サントピア水口) 研修室
◆雇用インフラ委員会
【日 時】 2014年5月26日(月)16:00〜17:00
【会 場】 勤労青少年ホーム(サントピア水口) 会議室
◆広報委員会
【日 時】 2014年5月29日(木)16:00〜17:00
【会 場】 共同福祉施設(サントピア水口) 視聴覚室
◆ビジネス交流委員会
【日 時】 2014年6月12日(木)16:30〜17:30
【会 場】 水口センチュリーホテル
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■会員企業からのお知らせ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●各社でのイベントや新製品の発表など、トピックスがありましたら、事務局
 までお知らせください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■事務局からのお知らせ&お願い
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●宛先不明等の理由により、エラー返信されてきましたメールアドレスにつき
 ましては、登録されたメールアドレスをこちらで解除させていただく場合が
 ございますので、恐れ入れますがご了承ください。
●求人や掲載事項の追加、訂正、削除がございましたら事務局まで
 お知らせ下さい。
 http://www.koka-ia.jp/recruitment/index.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ポン蔵の独り言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
サッカーW杯に向けて日本代表が招集されました、ポン!
ブラジルで開催される試合、朝早く起きたり、夜更かししたりするのでしょう
か。
盛り上がる事は間違いない、がんばれにっポン!
======================================================================
<<メールマガジン配信の解除、変更並びにご意見やご要望、お問い合わせは
下記の甲賀市工業会事務局までお願いします。>>
【注意!】
※このメールには返信しないでください。
※このメールマガジンは、甲賀市工業会担当者一斉メールに登録されている
 方に送信しています。
配信希望、お問い合わせはこちら
 <http://www.koka-ia.jp/contact/mailmag.html>からお願いします。
※メールの内容が崩れて表示される場合はメールソフトの表示フォントを
 MSゴシック等の[等幅フォント]に指定してご覧ください。
※URL等リンクが改行などのためにクリックしてもページが表示されない
 場合はコピー&ペーストでブラウザに直接入力してご覧ください。
======================================================================
            発行元:甲賀市工業会

        〒528-8502 甲賀市水口町水口6053番地
      甲賀市役所 産業経済部 商工政策課 商工業振興係内
         TEL 0748-65-0709  FAX 0748-63-4087
             http://www.koka-ia.jp/

     本メールに掲載されている内容はいかなる形式であれ、
     許可なく転載することは禁じられています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     Copyright(c) 2008 Koka City Industrial Association.
 ※内容は発信当時のものですので、団体名・リンク先等が現在と異なっている場合がありますのでご注意ください。
前のページへ戻る

サブメニュー

お問い合せ

Copyright(c) 2012 Koka City Industrial Association.